予備校と進学塾の決定的な違いとは?一体何が違う?

予備校と塾って結局何が違うの?

予備校と塾って結局何が違うの?

予備校と塾の違いには様々なものがあります。最も大きな違いは、教える生徒と教える形式です。予備校は大学受験を目指す高校生や浪人生で、講師の説明が中心となる講義ですが、塾は小中学生がほとんどで、生徒に問題を解かせたりする授業という形式で行います。そして、進路指導についての違いもあります。予備校では講師ではなく担当スタッフが行うことがほとんどですが、塾では講師が直接進路指導をします。どちらも勉強をする場所ですが、違う点は多いといえます。

高校生は塾と予備校どっちに行くべき?

高校生は塾と予備校どっちに行くべき?

高校生の場合、学校の成績アップを望むならば、塾での学習が効果があります。その一方、高校生であっても、大学受験を目指しそのためのノウハウを習得したいと考えているならば、予備校での学習が適していると考えられます。どちらの方法であっても、学業の上達を願って行う行為ではありますが、目的が少し異なるため受験生それぞれの目的と照らし合わせ、塾か予備校の中でもより適切な勉強できる環境を選択することが大切であると言えそうです。

浪人生は塾と予備校どっちに行くべき?

浪人生は塾と予備校どっちに行くべき?

浪人生は塾と予備校のどちらに行くべきかは自分で判断するしかありません。どちらでも良いのですが、自分のモチベーションが上がって、自分の刺激になる方を選ぶのがベターといってもいいでしょう。分かりやすさというような事も参考にしても良いですし、競い合うことが出来る同じレベルぐらいの人がいるかどうかという事を考えてもいいでしょう。要は自分のモチベーションが上がるかどうかが一番大切であって、学ぶところが塾であるか予備校であるかは大きな問題とはなりません。

大学受験に強いのは予備校?

大学受験に強いのは予備校?

大学受験に強いのは、予備校です。それぞれの大学対策に特化しており、各教科の先生が専任で指導しているところが魅力的です。分からない問題があれば、講師に聞くことによりすぐに解決できるし、コミュニケーションをしっかり取ることができます。少人数で授業を行うので、講師自身もその生徒の得意不得意を把握できます。予備校は、自分で勉強メニューを決めて目標を持って進めていく形式なので、自分で計画を立てて勉強ができる生徒が向いています。

大学受験に強いのは進学塾?

大学受験に強いのは進学塾?

大学受験に強いのは進学塾に限ったことではありません。進学塾でも予備校でも最終的には個人が勉強をどれだけするのかという事で、ほとんど決まると考えても良いでしょう。ただ、結果を残しているところは個人のモチベーションを上げることに長けているという事が言えるだけの事です。それは教え方が上手いという事であったり、個々の競争意識を高める事が出来るなど、さまざまな長所があるわけですが、そうした人の意識を変えることが上手いというように考えるといいはずです。