塾と予備校はどちらに行くのがいいの?高校生ならどっち?

高校生が予備校に行くと?

高校生が予備校に行くと?

高校生が予備校に行くことで、効果的な勉強ができるようになります。独学で学習を進めていると、どの分野についてどのくらい理解すれば良いのかを自分で見極めることが必要です。

また実際の受験までのスケジュールも自分で組み立てる必要があります。予備校では学力レベルに応じて様々な講座が開講されており、効率的に学力レベルを向上させることができます。

特に難関大学に挑戦する場合には、専門家のサポートが非常に重要です。学習スケジュールの組み立てやモチベーションの維持など自分だけで行なうことも可能ですが、予備校を利用することで効率化できます。

専門家からサポートを受けられるだけでなく、周囲に同じような仲間がいることもモチベーションを維持する上で重要です。

高校生が塾に行くと?

高校生が塾に行くと?

高校生が塾に行けば、学校の勉強よりもより効率的に学習を進めることができます。志望校や目標とする偏差値に近づけるために効果的な学習方法や問題の解き方を教えてくれるのです。

学校では質問するのが難しいこともありますが、塾ではすぐそこにプロの講師がいるのでいつでも疑問点を残さずに解決できる環境も整っています。

塾では、自分の志望校やレベル別にクラスが分かれているので、より実力を伸ばしやすいです。塾にも個別から少人数、大手で大人数で受けるものまで様々なタイプがあります。

自分の学習方法や性格などにあったものを選ぶことで学習効果がアップしますので、体験授業を受けてみることがお勧めです。パンフレットだけでなく、塾の雰囲気なども確かめてください。

塾と予備校はどちらに通うべき?

塾と予備校はどちらに通うべき?

高校受験の際には、おそらくほとんどの学生が塾に通います。しかし大学受験となりますと、塾と予備校の選択肢が出てきます。

同じようで実は内容が異なりますが、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。ちなみに、塾で行われているのは授業で、講師は生徒を指名して答えさせたり会話のキャッチボールもありつつ進められていきます。

一方予備校で行われているのは講義であり、講師が一方的に学習内容の説明をしていくのが一般的です。生徒を当てたりといった事はほとんどありません。

大学受験においては、より講義の内容を選択しやすくできている予備校に通う事をお勧めします。その方が学校対策や自分に足りない物を補うことも出来るでしょう。