進学塾が大学受験対策で一番強いの?それは何故なの?

大学受験で進学塾へ通う人とは?

大学受験で進学塾へ通う人とは?

大学受験では多くの人が進学塾や予備校に通います。進学塾と予備校の違いとしては、進学塾の場合少数精鋭で行われるのが一般的なのに対し、予備校は大人数で学校の授業内容は理解できている前提で講義が進むイメージです。

大学受験対策では予備校に通うのが一般的と思われがちですが、進学塾でも十分対応可能です。

例えば2科目または3科目で受験する私立大学の場合には、受験科目のみを徹底的に学習すれば良いことになりますので、大人数で受ける講義よりも苦手な部分にポイントを絞って学習できる進学塾のほうが効果がみられる場合もあります。

最近ではこの2つの違いがあまりなくなってきていますが、受験科目や苦手科目などによって使い分けると良いでしょう。

進学塾の大学受験方法とは?

進学塾の大学受験方法とは?

進学塾の大学受験方法は、頻繁に行われる模擬試験の結果と3者面談などを加味して受験校が決められます。進学塾に通っている場合には一般的には高校も進学校に通っている場合が殆どです。

そのため、塾では学校の成績や学校で行われるもしもトータルで判断して志望校を面談の時に勧められます。

塾では学校よりも厳しい意見が出ることもありますが、考え方によってはより現実的な意見とも取れますので、学校よりも大学受験をする際により現実に近いイメージで学習を進めることが可能です。

私立の場合受験科目に合わせて塾でもカリキュラムを選ぶことになりますので、基本的には学校よりもより実践的な内容の受験勉強をさせてもらえるメリットがあります。

予備校⇒進学塾へ転校はあり?

予備校⇒進学塾へ転校はあり?

予備校は進学塾よりも大学受験に適していると、世間一般では考えられています。しかし、実際はケースバイケースです。特に予備校と生徒の間には相性があります。

予備校の雰囲気や講師の教え方が肌に合わなければ逆に偏差値が下がる事さえあり、違和感を強く感じている場合は進学塾に転校を決めた方が得策です。

進学塾の方が個別指導のクオリティが高く、苦手科目を克服したいと思っている方や綿密にコミュニケーションを交わしながら志望校の対策を進めたい若者にとってはむしろ予備校よりも地元の進学塾の方が肌に合います。

また遠くの予備校まで数時間かけて通うよりも地元の進学塾に転校した方が、時間を有効活用でき、勉強時間を上手く確保出来ます。